最新情報

2013年4月20日未分類
【ソアホックってご存知ですか?】
2013年4月16日未分類
【爽快潔クッションDOLCE】
2013年4月16日未分類
アップリカ様新製品「ソラリア」にブレスエアーが採用されました!
2012年2月8日未分類
究極の安心&清潔素材ブレスエアー
2012年2月8日敷布団
「自然な寝返り応援宣言」

「自然な寝返り応援宣言」

ご存知ですか?上質な眠りには、自然な寝返りがとても重要だということを。

「寝返り」という言葉の響きもあり、「寝返り」は深い眠りの障害になるというネガティブな印象をお持ちの方が、一般的には多いのではないでしょうか。

実は、上質で深い眠りの確保には、この「寝返り」が重要な役割を担っているということが、睡眠に関する科学的な研究から、明らかになってきました。

 

 ≪「上質な眠り」について≫

では、「上質で深い眠り」とは何か?

睡眠には「レム睡眠(眠りの浅い睡眠:浅眠期)」と「ノンレム睡眠(眠りの深い睡眠:深眠期)」の2種類があり、一定の周期でレム睡眠とノンレム睡眠を交互に繰り返しながら眠りが作られていることは、広く知れ渡るところとなりました。

上質な眠りは、脳と体の両方が熟睡している「深眠期」に、どれだけ深くて質の高い眠りを得られるかで決まります。目覚めた時に身も心も100%リフレッシュされた爽やかな朝を迎えられたご経験は、どなたにもあると思います。その充電100%の眠りこそ、上質な眠りです。

そして、「深眠期」の眠りの質は、目が醒めやすい「浅眠期」、及び「浅眠期」から「深眠期」へ移行する際の睡眠状態で決まります。この不安定な睡眠段階で、眠りを妨げられることなく、熟睡を続けたまま「深眠期」へ移行できれば、「深眠期」の眠りは非常に深いモノとなり、心身の充電も一気に進みます。逆に言えば、この不安定な睡眠段階を如何に快適に乗り切るかで、眠りの質が決まるとも言えます。

 

≪寝返りが担う、3つの大切な役割≫

いよいよ本題です。上述通り、「浅眠期」にどれだけ覚醒せずに「深眠期」に移行するかが、上質な眠りを得るための秘訣です。その安定した眠りを確保するために、私たちの眠りのメカニズムに取り入れられているのが、実は「寝返り」なのです。

ヒトは一晩で20~30回寝返りを打つと言われています。そしてその寝返りの大半が、「浅眠期」及び「浅眠期」と「深眠期」の移行期間、つまり、深眠期の眠りの質を決めるとても重要な時期に打たれます。

では、安定した眠りの確保のために、寝返りがどのような役割を担うのか?

大別して、以下の3つの役割を担います。

1.血液循環の促進

睡眠中は心拍が遅くなり、また同じ姿勢を続けるため、体の一定部分に血液が滞留しがちになります。その結果、だるさや寝苦しさなどが起きて、眠りの質も低下してしまいます。

寝返りを定期的に打つことで、正常な血液循環を促進します。

 

2.寝床内の温湿度調節

同じ姿勢を続けていると、敷き布団と体の接触面に熱がこもり、寝床内の温湿度が上がります。暑さで寝苦しさを感じて眠りが浅くなり、眠りの質も低下してしまいます。寝返りを定期的に打つことで、寝床内に対流を生じさせ、温度や湿度の調節を行います。

 

3.睡眠サイクルのリズム調整

一晩の睡眠で浅眠期と深眠期を交互に繰り返し、更に深眠期では4段階の睡眠レベルを常に移行しながら、私たちは睡眠を続けています。この移行をスムースに行うためのスイッチ的(ギアチェンジ)な役割として、私たちは寝返りを打ち、睡眠サイクルのリズムを整えています。

 

≪自然な寝返りを確保するために≫

「寝返り」は上質な眠りを得る上で欠かすことのできない、とても大切なメカニズム。

しかも、寝返りを打つ時期は、目が覚めて一気に眠りの質を落としかねない、とても難しいタイミング。

それだけに、自然な寝返りを促進する寝具の役割は、質の高い眠りのためにとても重要です。

では、どのような寝具が寝返り促進に適しているのでしょうか?

未だに根強い人気を誇る低反発ウレタン寝具はどうでしょう?寝入りは確かに気持ちがいいかもしれません。一方、体が沈み込み、体の移動に必要以上のエネルギーを要する体圧吸収型の低反発ウレタンは、自然な寝返りには最も適さない素材です。(体を動かせませんので、いわば金縛りのような状態です。)

では、せんべい布団のような硬いマットはどうでしょう?体位移動は確かにしやすいかもしれません。但し体圧分散に乏しいために血流障害を起こし、必要以上の寝返りを繰り返すこととなり、深い眠りの確保は難しくなります。

体圧分散性に優れ、かつ寝床内の温湿度を一定に保つブレスエアー。そして高反発弾性が特長のブレスエアーは、ほんの少しの力で体の移動を促進しますので、「寝返り」効果との高い相乗効果が期待できる、「寝返り促進素材」です。

 

爽快潔リビングでは、この「寝返り」メカニズムに焦点を当て、自然な寝返りを促進するのに最適なブレスエアー銘柄と加工を基軸に、健康で快適な寝具の商品企画を行っています。

タグ

2012年2月8日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:敷布団

爽快潔インソール(中敷き)

2011年春に爽快潔リビングをオープンして以来、お客さまから一番ご要望頂いた商品が、ブレスエアー素材によるインソール(中敷き)です。

仕様を決めるに当たり、想定ご利用者の方から沢山のご要望を頂きました。その声に応えるべく、様々な仕様で試作とモニター評価を繰り返しました。商品の仕様を決める試行錯誤を一年余り続けた結果、最終的に最優先項目を以下の通りとしました。

  • 「蒸れにくい=ニオイが発生しにくい」の効果を第一優先
  • 気軽にお使い頂けるよう、価格を1,000円以内に抑える
  • 「見栄えより機能性」を重視する、ヘビーユーザーさま、足のお悩み深刻度大の方、及び業務用靴を履かれる方

≪ブレスエアー素地露出デザインに行き着いた理由≫

ブレスエアーの白くてモジャモジャした形状は、そうめんを固めたような、とてもインパクトのあるデザイン。一方、その形状のままのインソール(中敷き)を、お洒落な靴の中敷きとして使用すると、見た目で少々難点が…

ということで、ブレスエアーの表面に黒・茶・グレー色の生地を貼付し、デザイン性を向上したサンプル品を作成。早速、男女10名ほどにモニターテストをしてもらいました。(下の画像は、生地の色が分かりやすいよう、濃グレー色のブレスエアーインソールを使用)

生地も通気性の高いダブルメッシュ生地を使用したので、これでOKかと思いきや、意外なモニター結果が…

生地を貼りつけてしまうと、ブレスエアー素材のみのインソール(中敷き)で得られた爽快感が損なわれ、蒸れ感が一気に増してしまうという意見が大多数を占めました。デザイン的には生地を貼りつけて展開したかったものの、この商品の一番のウリである「蒸れにくいインソール」機能が損なわれてしまうのは本末転倒です。

足のニオイは、「蒸れて汗をかく」⇒「足の角質が柔らかくなり、靴の中で剥がれる」⇒「角質をエサとする雑菌が、高温多湿の環境との相乗効果で繁殖」⇒「皮脂腺から出る分泌液と混ざってニオイが発生」という流れで生み出されています。したがって、足のニオイを抑えるのに最適な効果は、足の蒸れを出来るだけ抑えること。

機能性を重視し、最終的には敢えてブレスエアー素材を露出したままのデザインとしました。

≪厚さ5mmに行き着いた理由≫

次なる議論は、ブレスエアー独特の高反発性を、どうインソール(中敷き)に活かすかという点です。テストの結果、厚い方がブレスエアー構造の特長であるバネ応力が働き、長時間歩いても疲れにくいインソールにあることがわかりました。

一方、ブレスエアーインソール(中敷き)が使用されることになる靴自体は、中敷きの厚みを想定して靴の中の空間設計をしていません。厚ければ厚いほど、足の甲を圧迫して痛みを感じるという、大きなマイナス面も出てきます。

試行錯誤の結果、靴の中での圧迫感が少なく、かつ弾力性も若干残った、厚さ5mmの設計に決めました。弾力性はさほど期待できませんが、厚さ40mmのブレスエアーハードタイプを5mm厚に圧縮していますので、他の中敷きのようにヘタってしまうことはありません。ニオイが付着したり汚れてもカンタンに水洗いできますので、長期間機能が落ちることなく、快適にご使用いただけます。

また、ハードタイプとソフトタイプでもモニターテストしたところ、足裏に程よい刺激が得られるハードタイプに人気が集中。凸凹感が快適です。(快適性には個人差があります。数日間お使い頂いても慣れない方は、ご使用を中止ください。)

厚さ5mmに仕上げた、ブレスエアー製中敷き

≪販売価格を1,000円以内に抑えるために≫

ブレスエアーの機能を十二分に活かしたインソール(中敷き)が基本コンセプトゆえ、ブレスエアー素材を厚さ5mmにしたシンプル仕様に決定。一番お使い頂きたい方は、蒸れやすい靴の代表選手である長靴や安全靴を長時間仕事で履いている方々。

業務用にガンガン使って頂くため、価格的には何とか1,000円以内に抑えたいところ。商品付加価値を上げるため、周囲を熱溶着させてデザイン性を高めてみたり(下の画像左)、足つぼを更に刺激するため、足裏マッサージ形状のインソール(下の画像右)も試作検討致しました。

デザイン的なアピール度は上がりますが、高額な金型投資が発生し、かつ加工工程も大幅に増えるため、コストも大幅に増大。とても1,000円以内で販売できる価格に収まりません。

そして今回、「機能性重視」「1,000円以内」のブレスエアーインソールを実現するため、思い切ってシンプルなデザインとしました。

種類は、男性用(24~28cm)・女性用(22~24.5cm)の2種類。サイズはフリーサイズとし、同封する台紙を利用しながら、お客さまご自身でお客さまの足のサイズにカットして頂く方式と致しました。(同封する台紙の足型は、一般的な足型です。靴によって足型は異なりますので、ご自分の足サイズより若干大き目にカットした上で、微調整を行ってください。)

尚、上の画像にあります通り、周囲はストロー状のフィラメントが露出しています。インソールですので、フィラメントになった部分は靴側面にくるため、使用上の問題は一切ありません。但し、ご自分サイズにカットした際、切りカスが出ます。ご使用になるまえに、切りカスはしっかり掃ってご使用ください。

≪こんなお客さまに、特にご使用頂きたい!≫

  • 給食センター、市場等、長靴を履く仕事に従事されている方
  • 工場や工事現場等で、安全靴を履いて仕事に従事されている方
  • 冬場に冷たい地面の上で仕事をしている方
  • ハイキングやトレッキング等をされる方

≪ご注意事項:ご購入前に、ぜひご確認ください≫

一方、表面に施したその独特の凹凸処理は、情況によっては足の痛みや靴擦れ等を引き起こしてしまう可能性があります。また、現在ジャストフィットの靴に厚さ5㎜のインソールを装着することで、今までの靴がきつくなってしまう可能性があります。以下のご注意事項をご確認の上、ご購入をご検討ください。

  • ビジネスシューズ等、靴内部の空間に余裕が少ない靴へのご使用 (厚さ5㎜のインソールを入れることで、靴がきつくなる可能性があります。)
  • 現在ぴったりフィットしている靴へのご使用。(厚さ5㎜のインソールを入れることで、現在ご使用されている靴がきつくなる可能性があります。)
  • ご使用開始時の長時間使用 (足裏がブレスエアー独特の凸凹感に慣れるまでは、長時間のご使用はお避け下さい。)
  • 裸足でのご使用 (程よい刺激が気持ちよいですが、ご使用環境によっては刺激が強すぎる場合があります。痛みを感じる場合には、ご使用を中止してください。)

 

尚、ショップでは3足セットのお徳用パックをご用意しておりますが、業務用の卸も承ります。10足以上ご入り用のお客さまは、0748-26-2914(担当:小林)まで、ぜひご連絡ください。

タグ

2012年2月5日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:雑貨

老犬本舗さま、訪問日記

2011年も残すところ、あと30余日。年の瀬もいよいよ迫ってきました。年末年始の帰省や旅行の計画を立てるのも、この時期の愉しみのひとつです。一方、ペットを飼われている方は、家を留守にすることができません。宿泊の伴うおでかけは、半ば諦め気味のご様子です。最近はペットホテルも出来ているので、多少 便利になったようですが。但し、リスクの高いシニア犬の預かりは断られるケースも多いとのこと。。。私たちのお客様であるシニア犬オーナーさまにも、もう何年も旅行に行かれていないお客さまが沢山おられます。

そんなシニア犬オーナーさまに朗報です!シニア犬を中心にお預かりするペットホテルが、東京の都心にオープンしました。こちらの施設は、何かしらのご事情で飼えなくなってしまった高齢犬をお預かりし、終生お世話をする「老犬ホーム」なのですが、短期のお預かりもされるようです。

この「老犬ホーム&ホテル」は「老犬本舗」という屋号で、東京板橋区で2011年6月にオープンされました。実はそちらでご使用頂くマットに、当店のペットケアマットをご採用頂いております。今回そのお礼も兼ね、老犬本舗様を訪問し、責任者の川口さまに色々とお話を伺いました。

川口さまは、学校卒業後すぐにペット業界の道に入られた訳ではなく、一般企業で普通のOLをされていたようです。普通の会社員を続けていかれる中、ご実家のワンちゃんが高齢になり、家族全員で介護を続けることになられたとのこと。シニア犬を預かってくれるペットホテルが少ないことを知り、外出が必要な際にとても苦労をされたようです。この十数年のペットブームでワンちゃんの数が急激に増えている中、年老いたワンちゃんの預かり施設がなくて困っているオーナーさまも多いだろうと、ご自宅のワンちゃんのお世話をしながら、強く感じたようです。「それでは私が!」いうことで、一念発起して動物取扱業の資格等を取得しながら準備を進め、この春に事業を開始することにしたようです。

採算性その他を考えると、手間やリスクの高いシニア犬のお世話をする事業は敬遠されがち。その中、敢えてそこへ飛び込まれたのは、ご自身のご経験をもとに、「愛犬と共に、快適で健やかな生活をご希望される飼い主様のお役に立ちたい!」という高い志が原動力になったようです。

施設を案内して頂きましたが、施設レイアウトからケージの設計まで、お預かりするワンちゃんの快適性と安全性を重視したキメの細かい心配りがされており、川口さまの志に感銘を受けました。

全てのケージにブレスエアーマットをご採用されたのにも、「お預かりしたワンちゃんに、最適な環境を整えたい!」という川口さまの熱い想いが表れています。ホームセンターのペットコーナーにある廉価なウレタンマットでしたら、1枚1,000円で購入できます。それをわざわざ1枚6,900円出して、当店マットを十数枚纏めてご購入されたのは、「気軽に洗えて、常に清潔な環境を提供したい」「夏涼しくて冬暖かい、高反発なブレスエアーマットで、常に快適に過ごしてほしい」「寝たきりのシニア犬をお預かりした場合、床ずれが起きにくい環境を整えたい」という、川口さまの強い想いからでした。

場所は、地下鉄板橋本町から歩いて数分、車でも首都高の「板橋本町」出入り口からすぐのところなので、首都圏にお住まいの方でしたら、利便性ばバツグンです。(首都圏でしたら、送迎もされているようです)。土地代の安い地方に老犬ホームが多い中、敢えて都市部に建てたのも、「長期又は終生お預かりでのご契約の場合、飼い主さまにはやむにやまれぬご事情があるのが大半のケース。都心なら、預かり後もいつでも容易に会いに来れるから」ということのようです。

ここでご紹介させて頂く以上、この情報をご覧になってお店にいかれたお客様が、万が一落胆されたら、我々の信用問題にもかかわります。したがって、「当店のお客さまだから」という理由だけで、安易にご紹介するのは控えておりました。そして今回老犬本舗さまを訪問させて頂き、施設の設備、そして何より老犬本舗さまのワンちゃんに対する想いの強さに感銘を受けましたので、自信を持ってご紹介させて頂きます。

既にブレスエアーマットをお使い頂いているシニアワンちゃんには、慣れたマット環境で。そして、ブレスエアーマットのご購入をご検討頂いているお客さまには、高額なブレスエアーマットの効果を確認するお試し期間にもなります。

首都圏ご在住のシニア犬オーナーさまで「老犬ホーム」又は「ペットホテル」をお探しの方は、是非一度老犬本舗さまへお問い合わせください。

+ 老犬本舗のHPリンク

+ お問い合わせ番号:0120-291-109 

タグ

2011年11月24日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:未分類

お客さまの声: 敷布団 冬場の快適性について

私たちが声高に、「ブレスエアー敷布団は、冬場も快適です!」と叫んでみても、説得力は...

ということで、昨シーズン、ブレスエアー敷布団で越冬されたお客さまから、冬場の快適性について、率直なご意見を頂きました!

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【お客さまからの声<冬場の使用に直接関連する内容を中心に、ご意見を抜粋しております>】

  1.ベッドの上に敷いてお使いのお客さま

  • 横浜市港北区新庄様(女性) ・・・ 夏場に使用した時ほどの感動はありませんが、冬も快適です。Four Seasonsの名前通り、一年中快適な商品です。
  • 東京都品川区S.N.様(女性) ・・・ マットレス用途で、ベッドフレームの上に直接敷いて使用しています。冬用に特別な対策を取っていませんが、夏場と同様大変快適に使用しています。寒さは全く感じません。
  • 大阪府吹田市Y.O様(女性) ・・・ スノコの上に直接敷いています。冬は電気毛布を使用していました。以前の寝具(低反発マット)では、熱がこもって人工的な熱さが不快でしたが、御社のマットは爽やかな暖かさなので、大変快適です。

≪まとめ≫

  • その他2名の方からの回答も、「冬場の寒さ問題は特になく、快適に使用」という内容でした。
  • ベッド用マットレスは下からの冷気が伝わりにくいため、基本的には冬場の防寒対策は特に必要なさそうです。 

  2.フローリングの上に敷いてお使いのお客さま

  • 千葉県千葉市柿様(男性) ・・・ 一年中同じ使い方ですが、冬も心地よい寝心地です
  • 山口県宇部市佐藤様(女性) ・・・ 以前使用していた綿布団では、結露で黒いカビがテンテンと生え、布団2セットほどダメにしてしまいました。商品の状態ですが、湿気などを感じることもなく、気持ちよく使っています。もちろん、使用後はたてかけるなど最善の取り扱いも続けています。寝心地もよく、以前のふとんであった体が凝るような感覚もなくなりました。 
  • 愛知県名古屋市S.K様(男性) ・・・ 購入初日にフローリングに直置きし、使用しました。(編集注釈:12月ご購入) 余りの寒さに、夜中に目が覚め、初日の印象は最悪でした(笑)。お店の助言に従い、翌日からは今まで使っていた敷布団を下に敷いて使ったところ、とても快適でした。おかげさまで、持病の腰痛もよくなり、この布団無しではもう寝ることができません(笑)。

 ≪まとめ≫

  • その他4名の方から回答を頂きました。フローリング直敷き使用は、冬場に対策が最も必要となるご使用環境のようです。
  •  ご回答頂いた方の住環境に関する詳細情報はございませんが、推察するに、1.密閉性の高いマンションは築年数の浅い家のフローリングは、さほど寒さの影響を受けない。2.一軒家のフローリングは、冬場の床が相当冷え込む傾向にあるため、何かしらの防寒対策が必要のようです。
  • また、フローリングでは結露の問題もある模様です。当店敷布団は、湿気がブレスエアー内に分散するため、ウレタンや硬綿布団に比べて結露の発生は少ないようです。また、中芯も洗えるため、他素材に比べ、清潔性を保てる利点も大きいようです。但し、気密性の高い断熱材等を敷いてご使用頂いた場合、結露の発生が予想されます。その際は、除湿シート等をご使用頂き、ご対応をお取りください。(当店敷布団をご使用の方で、結露に関するご情報がございましたら、ぜひお聞かせください。)

 3.畳の上に敷いてお使いのお客さま

  • 鳥取市石井様(女性) ・・・ 冬は敷布団の上に、西川製マイクロファイバー敷きバットを使ってます。寒さは特に問題ありません。
  • 兵庫県神戸様M.M様(女性) ・・・ 畳の上に直接敷くと少々寒いです。冬用のシーツを掛けたら、寒さは感じなくなりました。
  • 静岡県浜松市H.S様(男性) ・・・ 夏と同じ使い方をしましたが、寒さは全く感じませんでした。このようなアンケートが配信されるということは、本来は冬場の対策が必要だったということでしょうか?

≪まとめ≫

  •  その他3名の方からのご意見も、寒さに関しては若干意見が分かれました。フローリング同様、お使い頂く住宅環境で、畳の寒さにも差が出ているようです。
  • 標準仕様のカバーだけですと寒い場合もあるようですが、敷きパッドや冬用シーツなどをお使い頂ければ、冬場も快適にお使い頂けます。

【アンケート調査内容】

  • アンケート送付先:2010年8月~12月に当店Four Seasons敷布団をご購入頂いた一部のお客様へ、e-mailにてアンケート依頼 (アンケートにご回答頂きました皆さま、ご協力ありがとうございました。改めましてお礼申し上げます。尚、お名前を公表させて頂けることをご承認頂いた方の回答を優先して、掲載させて頂きました。)
  • 有効回答数: 19件
  • アンケート内容: 
    • Q1:ご使用環境 ・・・ ベッド / フローリング / 畳 / その他(   )
    • Q2:冬場にFour Seasons敷布団をご使用頂く際の防寒対策について (自由記入形式)
    • Q3:Four Seasonsを冬場にご使用頂いたご感想及びご評価 (自由記入形式)

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

冬場も快適にFour Seasons敷布団シリーズをお使い頂く詳細情報を、こちらに纏めました。

現在、冬期限定の特別プロモーションも実施中! 一年中快適にお使い頂けるFour Seasons敷布団を、ぜひこの機会のお買い求めください!

タグ

2011年11月19日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:お客様の声 敷布団

このページの先頭へ