介護マットの新基準 ~~ブレスエアー~~

このページにお越し頂いた大半の方は、ご家庭の愛犬が高齢になり、床ずれ等の発症をご心配になられている方だと察します。また、ブレスエアーをご存じない方が大半だと思いますので、「どうしてブレスエアーが我が家のワンコの床ずれ予防に効果があるのか???」と疑問に思われていることでしょう。

人間の介護市場で人気の高いブレスエアー製マットレス。従来のウレタンマットに比べてかなり高額にも拘わらず、その特出した高機能性が評価され、介護市場での地位を確立しつつあります。今回は、床ずれ予防効果の高いブレスエアーの秘密に迫ってみたいと思います。

どうしてブレスエアーが床ずれ予防に効果があるかを正しく理解して頂くため、まず初めに「床ずれが起きる原因」と「床ずれ予防に求められる4つの要因」について触れたいと思います。

ブレスエアーが床ずれ防止用介護マットとして人気が高い理由について

≪床ずれが起きる原因について≫

 <主因:局部圧迫>

寝ている際、骨とマットレスの接する部分が体重で圧迫され、血の循環が悪くなります。ご自分で体を動かすことができず、この圧迫が長時間続くと、皮膚組織が死んでしまい、床ずれになります。床ずれ発生の一番大きな原因は、この長時間の局部圧迫です。

 <局部圧迫以外の主な原因>

「床ずれ発生原因=寝たきりで動けないため(局部圧迫)」と思われがちですが、実は様々な複合要因から、床ずれは発生します。以下、主だった複合要因です。

  •  体を動かした際のズレや摩擦
  • 失禁、発汗、下痢等による、皮膚の汚れや湿潤
  • 栄養状態の低下

したがって、体圧分散性に優れたマットレスだけでは、床ずれは防げません。

ブレスエアーが床ずれ防止用介護マットとして人気が高い理由について

≪床ずれを予防するマットレスに求められる4つの要因≫

では、床ずれを予防するにはどうしたらよいか?色々な予防手段はありますが、ここでは床ずれ予防に適したマットレスに特化して、考えてみたいと思います。

  1.  局部圧迫を和らげる、体圧分散に優れたマットレス (体圧分散性)
  2. 自力で体を動かしやすいマットレス  (体位変換性)
  3. 通気性があり、汗をかきにくいマットレス (通気性)
  4. 洗えて清潔を保てるマットレス (清潔性)

 体圧分散性に大変優れたマットレスとして、エアマット、ウォーターベッド、低反発ウレタンマット等があります。コスト、耐久性、お手入れ、寝心地等の点から、エアマットやウォーターベッドは、床ずれの進行が進んでしまった方のご使用が多くなっています。

低反発ウレタンはお手頃ですし、体圧分散には優れますので、介護用マットレスでも使用されています。一方、体が沈み込むので体位変換が困難な点、通気性が無いので夏は蒸し暑い点、そして洗うことが出来ない点等のマイナス面も多くなっています。

 特に被介護者の生活の質(QOL)が求められる今、快適性や清潔性はマットレス選びのとても重要な要因です。

ブレスエアーが床ずれ防止用介護マットとして人気が高い理由について

≪ブレスエアーが床ずれ予防に効果が高い理由(わけ)≫

お待たせしました。それでは、床ずれ予防に重要な上述した4つの観点から、ブレスエアーを評価してみたいと思います。

 1.       体圧分散性 ・・・ ブレスエアーには繊維形状が太くて硬いハードタイプと、細くて柔らかいソフトタイプがあります。ソフトタイプは荷重を優しく包み込むように受けますので、体圧分散に優れます。

2.       体位変換サポート ・・・ 高反発弾性が特長のブレスエアー。体が沈み込まず、加重に対してバネ特性が効きますので、小さな力でラクに体を動かせます。

3.       通気性 ・・・ 96%が空気層ですから、ムレ知らず。爽快に過ごせます。

4.       清潔性 ・・・ お手軽にジャブジャブ洗えるうえに、すぐ乾きます。また、病院のベッドマット用途を狙って開発された素材ですので、素材自体に高い制菌効果があります。菌が繁殖しにくく、また失禁しても直ぐに洗えるので、安心安全です。

どの素材や介護マットも、ある点には強くても他の点には弱かったりと、全てのポイントを網羅するのは非常に難しくなっていました。そんな中、彗星の如く現れたブレスエアー。介護マットのために生まれてきたような、オールマイティ素材です。

そんなスーパー素材を、介護市場の大手メーカーさんが見過ごす訳がありません。介護大手のパナソニック電工様と東洋紡様が戦略的パートナーシップを組み、電工様がブレスエアーを使用した介護商品をシリーズ化(ラクマットエアーシリーズ)して現在展開中。介護施設等を中心に、市場シェアが急速に伸びています。

http://panasonic-denko.co.jp/corp/news/0812/0812-4.htm (新しいウィンドウで開きます)

介護市場に適した素材特性ということもあり、ブレスエアー製品を取り扱う介護関係の流通業者も急激に増えています。

≪介護する側の負荷≫

最後に、介護マット評価で忘れてはならない重要なポイントは、介護する側の負担です。つまり、年老いたワンちゃんの面倒を見なければならない、貴方のご負担です!

例えば、お漏らし。もしウレタンマットにお漏らししてしまったら、どうします?ウレタンは洗えませんので、そのまま使うか、新品に交換するかの選択です。

例えば、体位変換。体重が30kgあるゴールデンリトリバーが寝たきりになり、定期的に体位変換が必要になったとしたら?低反発ウレタンでは、体が沈みこんでしまい、体を起こすのも一苦労です。

ワンちゃんにとって、そして飼い主さんにとっても、ワンちゃんが高齢になったときのマット選びはとても大切です。双方の肉体的、そして精神的負担が最小限となるマットとは?それは、以下の条件を満たすマットだと、私たちは考えます。

  • ワンちゃんがラクに体を動かすことができる高反発弾性
  • 汚れることを気にしない、洗えて直ぐ乾く洗濯性
  • 夏涼しくて冬暖かい、マット自体の快適性

私たちの願いは、ブレスエアーを多くの高齢犬にお使い頂くことで、大切なワンちゃんの、そして貴方自身のQOL(生活の質)l向上の一助になること。

昔マスターカードの広告に、こんなコピーがありました。 “There are some things money can’t buy.”  「お金で買えない価値がある。」

ブレスエアーは高額ですが(すみません…)、お金を出せば購入できます。しかし、ブレスエアーを通じて新たに生まれる、ワンちゃんと飼い主様の間の強い絆、QOLの向上は、心で感じる価値。

貴方と貴方のワンちゃんにとって、ブレスエアーが「お金で買えない価値」になることを願っています。

************************************************************************
「シニアになったらブレスエアー!」 
床ずれになりにくい、高通気で高反発な洗えるマット、老犬高齢犬用”PetCareマットシリーズ”のショップページへはこちらからお戻りください。

介護マットの新基準 ~~ブレスエアー~~ by @あなたのTwitterアカウント名

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

  1. [...] 老犬におすすめの理由が、販売店のブログにわかりやすくまとめてありました。 [...]

コメント


このページの先頭へ