愛すべきゲルマンドライバーたち

今回は運転マナーのお話です。「世界で一番運転マナーの良い国は?」と問われれば、北欧諸国、そして日本が群を抜いていると思います。

運転マナーはその国の習慣や歴史的背景に負うところも多い故、我々から見てひどいマナーでも、その国では問題視されないことは多分にあります。したがって、「日本人から見た運転マナー/習慣」という注釈付きで、体験談をお話します。

冒頭で、「世界一運転マナーの良い国」であげた、日本。総じてよいのですが、一点だけ問題だと感じるのが、信号のない横断歩道での歩行者に対する対応。子供が待っていようが、老人が立っていようが、自主的に停まる車を殆ど見かけません。北欧では100%停まりますので(停まらないと罰則があるというのも多分にありますが…)、北欧にはちょっと負けているかもしれません。あと、日本独自の面白い運転マナーは、ハザードランプの使用方法。割り込みさせてくれたお礼や停車中に日本ではハザードを使いますが、海外ではハザードランプはあくまで「緊急停車」の意味。日本のように走行中に「サンキュー」の意味でハザード点滅させたら、後続車は恐らく急ブレーキを踏むことでしょう。海外旅行でレンタカーをされる際、くれぐれもご注意を!

マナーのひどい国のキーワードは、1.発展途上国、そして、2.ラテン系諸国。この1と2を兼ね備えた中南米で自動車に乗ることは、本当に命懸けです。中南米は仕事で行く機会が大半だったので、現地では信頼できる運転手付きの車が多かったですが、時にはタクシーに乗らなければならないことも。道は穴ぼこだらけ、車はとても整備をしていなそうな古いオンボロ車。そして運転手は、自分にはアイルトン・セナ並みの運転技術があると信じ込んでいるラティーノ系。一般道をクラクションを鳴らしながら100km以上の猛スピードでバンバン走ります。後部座席にはシートベルトもないので、事故が起きれば即死です。時間を急いでいるときに、チップをはずんで「xx時までにxxへ到着してくれ」とタクシー運転手に頼む光景は、映画でも時々出てきます。そして私が中南米でタクシーに乗る時、決まって運転手に伝えたメッセージは、「チップをしっかりはずむから、制限速度でゆっくり走ってくれ。」というもの。とお願いしても、彼らはやはりラテン系。ラジオから好きな音楽が掛かると、自然とスピードも増してきます。キリスト教でもない私は、車の後部席でよく十字架を切ってお祈りしていたものです。

アジアも概してひどいです。特に歩行者の立場でいると、何度も轢かれそうになります。アジアの場合、どの国も急激に車社会へ移行している中、「車所有者=支配階級」というメンタル的な部分が影響し、ドライバーは我がもの顔です。実は私の後輩に、中国へ移住して事業を興した輩がおります。彼は中国で車を運転しているのですが、自動車保険に入っていないとのこと。(というか、外国人は手続きが厳しく、なかなか加入できないらしい) 彼は非常にまじめでしっかりしたタイプの人間なので、その彼が保険に入らずに運転するというのは信じられません。よくよく話を聞くと、彼が万が一事故を起こした場合、全て裏で調整をしてくれる闇ブローカーと契約を結んでいるとのこと。日本を抜いてGDP第二位になった中国ですが、実態はまだまだこんな感じのようです。

イタリアンリビエラ

次に欧州ラテン系。「この車間距離なら割り込んでこないだろう」と思っていても、平気で割り込みをされ、何度もあわててブレーキを踏んだ経験は数え切れません。また、店の駐車場等から道へ入るとき、ドイツや日本なら数台に一台は必ず親切に入れてくれますが、ラテン諸国では絶対に入れてくれません。ではどうやって入るのか?答えは単純明快。日本なら絶対クラクションをならされるような、無理な割り込みをするしかないのです。でも面白いのは、イタリアで割り込みをして、クラクションを鳴らされた経験がありません。相手も無理な割り込みをいつもしている立場なので、無理な割り込みをされても特に不快に感じないようです。

面白いのが、フランス都市部の路上駐車。この話は有名なのでご存知の方も多いと思いますが、縦列駐車をする際、前後の車のバンバーに車を当てながら駐車をするのです。したがって、パリなどの路上に駐車する際は、サイドブレーキを引かないのが、パリドライバーの大切なマナー。 (フランス流パーキング:ユーチューブ動画)

そして締めは、やっぱりドイツ。几帳面でシステマチックなドイツ人の性格は、運転マナーや交通規則にもしっかり現れております。まずは、ドイツらしい交通規則を5つ紹介させて頂きます。

1点目が駐車違反チケットの支払い未納率。欧米では駐車違反チケットの未払いが結構問題になっているようですが、ドイツでは殆どの違反者が即支払います。駐車違反代は1,000円程度と安いのですが、期日内に支払わないと、4-5倍の追徴金がかかり、5,000円の罰金額にかわった督促状が送られてきます。更に払わないと次は10,000円となるので、「安いうちにしっかり払っておこう」という心理が自ずから働きます。(細かい金額は忘れましたが、概ね上述したような感じです)

2点目が冬場のスタッドレスタイヤ普及率。雪が少ないところでも、初雪が舞う季節になると、皆競って冬タイヤに交換します。理由は単純。雪や凍結路面で事故があった場合、ノーマルタイヤの車には保険が下りないのです。

3点目はスピード違反の許容度。日本では制限速度から10km程度オーバーしていても警察は見逃してくれますが、ドイツでは1㎞オーバーでも違反は違反です。私も4kmオーバーでスピード違反のチケットを切られた時、泣きそうになりましたが、郷に入らば郷に従えで諦めました。

4点目はスピード違反カメラで撮られた写真の画像修整。一度40kmオーバーでオービスカメラが光り、後日写真が自宅に送られてきました。送られてきた写真の助手席側が、綺麗に黒塗りで潰されているのでした。そのことをドイツ人の同僚に話したところ、面白い話を聞かせてくれました。昔は助手席の画像も残したまま送られていたようですが、ある事件をきっかけに今の方法に変わったようです。愛人を乗せた男性の車、スピード違反でカメラが作動。後日その写真が自宅に送られ、浮気が発覚。離婚問題にまで発展した男性は、プライバシー侵害で国を提訴。詳細は忘れましたが、こんな経緯で今はしっかり黒塗りです。

5点目が、免停の期間選択制度。上述のスピード違反で、私は一発1ヶ月免停をくらいました。自動車でのバケーションを翌月に控え、さあ困ったなあと思っていたところ、思わぬドイツの温情制度に救われました。それは、免停から6カ月間の間なら、自分の好きなタイミングで1ヶ月の免停期間を選択できるのです。厳しさの中に温情も取り入れた、ドイツらしい制度です。

そして、最後にドイツらしい運転マナーのお話を。ドイツ人のドライバーは、概して親切で寛容。無謀なドライバーも少なく、運転しやすい環境です。そんな温和なドイツ人ドライバーも、信号の発進についてはとてもせっかちです。信号待ちをしていて、青になった瞬間に発進しないと、後続車から間髪いれずにクラクション。NYマンハッタンのタクシードライバーよりも、許容度が低いのです。あくせくしていないドイツ人が、どうして青信号で即発進しないと怒るのか?理由をドイツ人に聞いて、思わず笑ってしまいました。理由は単純明快。「青信号=発進」のルールを守っていないからなのでした。でも、いきなり発進は無理だろうというと、私の同僚は満面の笑みを浮かべて、「ドイツの信号がどう変わるか、よく注意して見た事あるか?ドイツの信号は他国と違い、赤の後に黄色となり、そして青になる。つまり、赤から黄色になったところで発進の準備をし、青になった瞬間に発進するのがドイツのマナーなのだ」と、勝ち誇ったように言われてしまいました。言われてみれば、確かに信号はそのように変わっていた。。。

ドイツの信号。赤→黄になり、走行準備を整えます。(グーグル画像検索よりコピー)

愛すべき、ゲルマンドライバーです。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。